妊婦さん特別コース始めました

産後【骨盤の歪み】はなぜ起きるのか知っていますか?

骨盤の歪み

産後【骨盤の歪み】はなぜ起きるのか知っていますか?

重い上半身を支えるため人間の骨格の中でもかなり強くつくられています。
いつもは丈夫な靭帯でしっかり支えられいる骨盤ですが、妊娠すると「女性ホルモン」の分泌によって 骨盤が緩み始めます。

出産直前は、ベビーの頭が通るために10㎝の産道を確保しなければ いけなくなります。
産後の骨盤は、出産前と別物になってしまいます。靭帯・筋肉が緩みきりぎ骨盤はグラグラです。

とても、歪みやすい状態になってます。
帝王切開で分娩した場合でも 産道は通らなくても骨盤は広がってしまいます。

骨盤の中には、とても太い血管があります。それが圧迫されると血液のめぐりが悪くなり、なかなか足に血液が届かない事による【冷え性・むくみ】が起きたり、代謝が悪くなる事により【生理痛・便秘・偏頭痛など】がなりやすくなります。

骨盤矯正だけで改善できる訳ではありませんが、もし歪みがあるのならば 今ある不調の改善のお手伝いが出来ると思います。
産後の体型戻しだけではなく、長く健康でいる為にも 来店して頂けたら嬉しいです。

今、里帰りしてて難しかったり カイロ・整体が怖いのであれば「骨盤ベルト」をして欲しいです。
元気に遊ぶにも女性らしい素敵な体型を目指すにも 【ヒップライン】を気にしてみて下さい。

産後の骨盤は、6〜12ヶ月ぐらいかけて徐々に戻ってきます。
出産と同時に不要な水分(羊水など)は流れ、妊娠中に付いた骨盤周りの脂肪は流動的な為 燃焼しやすく痩せやすい時期になります。

又、母乳を赤ちゃんにあげる事によって【1日500kcal】も消費します。ただし、3時間おきに1日8回授乳した場合なので。それ以上に授乳する人はnもっと消費する計算になります。

500kcal消費する為には、ランニング90分した運動量になります。
離乳食が始まる5〜6ヶ月が 1番痩せやすい時期になるのでその前になんとかしたいですね。

ただし、早い人で1ヶ月半〜3ヶ月。生理が始まると 痩せにくくなるので早いうちから気にすると良いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です